So-net無料ブログ作成
サイエンス ブログトップ

差別語が含まれている魚の改名? [サイエンス]

某サイトの科学に関し、チョット興味をそそられるニュースを見つけました。

それは日本産魚類の中で差別的な言葉を含んだ魚が居て、32種類の和名を改名したと言う日本魚類学会の発表があったというものです。

その中の一部を写真と共に見てみようと早速、調べてみたので…あまり気持ちの良い魚たちでは無いけれど興味のある方は立ち止まって見てくださいね!



【和名】メクラウナギ


【和名】オシザメ


【和名】バカジャコ


【和名】イザリウオ


【和名】アシナシゲンゲ

各々の和名は姿、形、特性から付けられるので…和名と言ってもカタカナで表示され差別的な意味が見えてきてしまったようです。


結局、どのような改名案になったかというと次の表の通りです。




その他にも「セムシダルマガレイ(背虫達磨鰈)」を「オオクチヤリガレイ」と改名する案も出ているそうです。

これは「セムシ」だけで無く、「ダルマ」も差別語(両手両足が無い)と思う人がいるからではないか、そして敢えて<差別だ><改名だ>と言わないほうが魚も生きていくうえでは幸せではないかと私は思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
サイエンス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。